忍者ブログ

クイックマッチョって効果ある?

ダンベルの7倍の効果があるとかいう「クイックマッチョ」について興味津々。ちょっと面白そうなので、ネットを駆使しながら参考になった情報などをまとめています。

[PR]

  • 2017/09/25 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

筋肥大の仕組み

そういえば、筋肉トレーニング前にこれは確認しておいた方がいいかもしれない。

筋肥大の仕組み
筋肉を大きくする事、大きくなることを「筋肥大」と言います。今回は、その筋肥大の仕組みに関してです。

簡単に説明すると、筋肉(筋繊維)は、肉体を酷使することで、傷がつきます。個人差はありますが、その修復に2~3日かかります。修復をするときに、ダメージを回復させるために、一時的に筋肉がムキョっとする(超回復という)わけです。更に、ソコを狙って、トレーニングを行うと、筋肉は肥大化(筋肥大)するのです。

筋肥大の流れを書くとこういうこと。

筋トレにより筋繊維が損傷。

乳酸が蓄積され、酸性に傾く。

筋肉痛になったりして、収縮が困難になる。

酸性になった筋肉を大きく膨張させることで、乳酸の濃度が薄まる。超回復。

2~3日間置く。

筋トレを行い肉体を痛めつける。

筋肥大

ポイントは筋肉はパッツンパッツンになるまで行う事と、筋肉を酷使したら、超回復が起こるまで、休息をとることです。筋繊維にダメージを与える事で、筋肥大は起こります。この筋肥大を繰り返し経験させることで、次第に筋繊維が太くなり、堅く丈夫な肉体になってゆくのです。

なので、クイックマッチョに興味のある人も、既にクイックマッチョを愛用している人もそれ以外の人も…繰り返しボディーを鍛錬して効果がでるという点を確認しておきたいですね。

また、筋トレと同時に、栄養補給も大事です。特に筋肉組織の元になる「たんぱく質」は積極的に摂取したいところ。定番はやはりプロテインですね。

それから、筋肉を鍛錬した後には、休憩が必要(2~3日)と書きましたが、違う筋肉を鍛える場合には、毎日特訓してもOKです。

1日目腕周り
2日目大胸筋
3日目広背筋…。
というわけで、まとめ。

筋肥大の仕組みまとめ
1.筋肉に負担を感じるまでトレーニングを行う。
2.休憩をとる。
3.タンパク質を摂取する。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

写真

ブログ概要

ダンベルの7倍の筋トレ効果があるとかいう「クイックマッチョ」についてブログ記事を書いてます。本当にそんなに効果・効き目があるのか若干、疑問ですが、ネットを駆使して調査中。1セット1分、一日数回のトレーニングだけで効果を実感できるという話です。ちょっと面白そうなエクササイズ器具なので、調べて分かったことがあったら、随時記事にしてシェアしていきマッスル!※このブログは、リンクフリーです。もし記事が役に立ったら、ご自由にご紹介して頂いてOKです。※このサイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Copyright © クイックマッチョって効果ある? : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]